モラハラによる離婚相談

モラハラから解放されよう。悩みを抱え込む前にモラハラによる離婚問題に強い弁護士があなたの支えになります。

モラハラによる離婚

最近、よく聞く言葉の一つにモラハラがあります。

実はこのモラハラが原因で離婚に至るケースもあります。
モラハラとは一体何でしょうか。

モラハラとは、モラルハラスメントを短くした言葉です。態度または言葉で相手を傷つける事を言うそうです。結婚生活は365日24時間続きますので、ずっとモラハラが続けば、ストレスを感じる事でしょう。これ以上耐えられないとなれば、離婚を思い浮かべる人もいます。

一見すると小さい事に様に思われがちですが、本人にとってはかなりの苦痛を感じている事もあり、離婚を招く事もあります。

離婚は人生を変える事もあり、なるべく離婚を避ける様に努力をする人は多いですが、無意識の間に行っている人もおり、改善が困難なケースもあるようです。

エスカレートの結果モラハラ離婚へ

少し程度のモラハラであれば、何とか耐える事ができるという場合もあるでしょう。しかしながら、エスカレートしてしまう事もあり、その場合には耐えられずモラハラ離婚となる事もある様です。

確かに、毎日辛い思いをしており、これがずっと続くのかと考えるとモラハラ離婚をしたいという結論を出すのも頷けます。モラハラ離婚をするかどうかという事は、耐えられそうかどうか、または頻度や深刻さが関係する事もあるかと思われます。

また、エスカレートすると、家に生活費を入れないという事もあり、その場合には生活自体が脅かされる事になり、結果をしてモラハラ離婚を選択せざるを得ないという事もある様です。モラハラ離婚となってしまうのは、恥ずかしい事ではありませんので、自分の負担を軽減する事も大事でしょう。

親権の話合いが必要な離婚を弁護士に相談

子供がいる夫婦が離婚をする際には、親権の事や養育費についても話をする必要があります。子供の事は非常に重要な課題となる事も多く、自分達だけでは手に負えないと感じた時には離婚の事で弁護士に相談するといいでしょう。

これまでにたくさんの離婚を成立させている弁護士であれば、親権など困難な問題を含む離婚であっても、きっといい方向で解決できるでしょう。

離婚の訴訟で代理人になる事ができる離婚弁護士に相談する事は、きっと有利になる事もあるかと思います。離婚弁護士には聞きたい事を質問できるだけでなく、法的な観点からのアドバイスを受けられるのも魅力的ですね。

離婚弁護士は頼りになる存在といえるでしょう。

離婚弁護士が扱う国際離婚

近年においては、あらゆるものがグローバル化していますが、外国籍を持つ人と結婚する事もあり、また離婚をする事もあります。国内の離婚弁護士が時として国際離婚を扱う事もある様です。

お互いの国籍の事もあるので、国際離婚は特に離婚弁護士も力が必要となる事もあるでしょう。しかし、国際離婚はあまり対応しない離婚弁護士もいるかと思いますので、もし相談するのであれば、国際離婚について詳しい離婚弁護士を見つける必要があるかと思われます。離婚弁護士に力を借りながら、最終的には大きなトラブルなどが発生する事もなく、無事に離婚をする事ができ、その際の条件も納得できるものとなれば好ましいでしょう。

住宅どうする?離婚相談

念願のマイホームを購入したにも関わらず、残念なことに離婚ということになってしまうカップルは沢山います。離婚相談の際にはすでにローンを組んで購入してしまった住宅の問題も少なくはなく、どちらかに有責がある場合を除いては、揉める原因にもなることがあります。

特に子供がいない場合は、売却してローンを差し引いて得た現金を折半するのが一番簡単な方法ですが、子供がいる場合には注意が必要です。引っ越して学校が変わったり環境が変わることで、子供が精神的な影響を受けることがあるので、離婚相談をする時はそういったことも事前に話すことが大切です。

我慢できないならモラハラ離婚

相手によるモラハラと言っても、何とか耐えられる場合もあれば、我慢の限界を超えているという事もあるかと思われます。すでに我慢できる状態ではない場合には、モラハラ離婚となってしまう事もある様です。

モラハラ離婚はしたくないという人がほとんどだと思われますが、現状を考慮すると、モラハラ離婚をした方が幸せに暮らせるという事もあるかと思われます。モラハラ離婚をすべきかどうかという事については、弁護士などに相談した上で決定するという事もできますが、最終的にはモラハラ離婚は自分の意思で決断する事になるでしょう。自分や相手にとっても、別の人生を歩んだ方がいいと思う場合には、分かれるというのもいいでしょう。

離婚弁護士をつけて親権争いを

離婚の際の大きな問題は、子どもの親権です。どちらが親権を持つのか、悩むところです。子どもが幼ければ、親の養育環境等が大きくなります。自分の考えが述べられる年代になれば、また違ってきます。

そこで、離婚弁護士についてもらい、公平な立場の中で、親権争いをした方が、よいかと思います。特に、養育環境、収入や教育の方法など子育てに関することも、自分の考えをまとめる上でも、離婚弁護士についていただき、アドバイスを受けながら進めることで、離婚によるストレスも減り、円滑に進めることができます。1人でがんばらず、専門家の力もかりましょう。

離婚弁護士に相談をして可能性を上げる

離婚弁護士に相談をすることで、離婚を成立させること、慰謝料をとること、相場通りの養育費をもらうことが約束されるわけではありませんが、可能性は上がります。

お金がかかることを心配する人がいますが、そのような人は、相談だけなら無料の離婚弁護士を選ぶとよいでしょう。いくつかの法律事務所で相談を受けてみて、正式に依頼をすることにメリットがあることを確認しましょう。

離婚をするときは、早く別れたいという気持ちがあるため、失敗をしてしまうことも多いです。その後の人生を幸せにおくれている人の多くは、弁護士などに相談をしています。

モラハラ離婚相談を受ける弁護士

離婚相談に力を入れる法律事務所・弁護士について。

頼りになる弁護士